製品案内

フコイダン

フコイダンとは

海藻には古来より薬理効果が確認されている記述が多く存在しています。
「フコイダン」は、海藻の中でもコンブ、ワカメ(メカブ)、モズクといった褐藻類にのみ含まれる特有のヌメリ成分で、水溶性食物繊維の一種です。化学的には、硫酸化フコースを主とする高分子多糖類で、フコース以外に、ガラクトース、マンノース、キシロース、ウロン酸なども結合しています。
「フコイダン」という名称は同一構造の物質につけられたのではなく、主成分がフコースである高分子多糖類の総称として使用されています。
現在、「フコイダン」に関して、研究が盛んに行われており、「抗ガン作用」「コレステロール低下作用」「血圧低下作用」「抗ウイルス作用」などさまざまな生理機能が解明されております。

アミー製薬のフコイダン アミー製薬のフコイダン

アミー製薬のフコイダンの特徴

アミー製薬は大学や医療機関と連携し、複数種のフコイダンを独自配合したフコイダン原料や、フコイダンと、それに相性の良い機能性成分とを独自配合した原料を研究・開発・製造しています。
フコイダンには、メカブ由来フコイダン、モズク由来フコイダン、コンブ由来フコイダンなど、複数の種類が存在します。これらはすべて糖尿病や血管新生、ガンなど、さまざまな疾患に効果的であることが研究により証明されていますが、構造や構成糖、含有物質には違いがあります。
モズク由来フコイダンは、モズクの中に多く含まれており、そこから効率よくフコイダンを得ることができます。メカブ由来フコイダンはフコースやガラクトースの含有量が多く、硫酸基も多いのが特徴です。コンブ由来フコイダンは、いわゆる"ヌメリ"が強く、強い抗腫瘍効果を示します。
これら複数種の海藻由来のフコイダンを混合することによって、それぞれの特徴が合わさり、より良い効果を示す可能性が考えられるのです。

グラフ